バイリンガルを目指すなら!

子どもをバイリンガルにしたいなら、インターナショナルスクールへ通わせることをおすすめします。英語教育を習わせるメリットも大きいので、参考にしてみてください。

インターナショナルスクールに通うメリット

ネイティブレベルの英語スキルの習得

常に英語を使う環境がありますし、生の英語に触れる機会も多いため英語スキルが鍛えられます。

グローバルな活躍ができる

インターナショナルスクールでは、国際的な関りができますから、グローバルな視野を育てることができます。

コミュニケーション力のアップ

世界各国の子どもたちと触れ合えますし、異文化に触れる機会も多くなります。そうすることでコミュニケーション力も鍛えられ、スキルも上がります。

インターナショナルスクールで多彩にグローバル子育て!

先生と生徒

幼児英語教育がなぜ大切か

世界の中でも、日本人は英語が苦手とされています。ですが小さい時から英語に親しみがあれば、耳で英語を覚え話せるようになります。生後6か月から聞き取る能力が備わってきますし、小さい時はまだ脳も柔軟ですから外国語を聞き取る能力が育ちます。ですが10歳を迎える頃には、ほぼ固まっています。ですから、バイリンガルにさせたい!と思うなら、幼児の内からインターナショナルに通わせたりして、英語教育を取り入らなければいけないのです。

授業

バイリンガルがなぜ求められるのか

バイリンガルは、母国語以外にも多言語を話せることを言います。バイリンガルのメリットはたくさんあり、それは多言語が話せるので活躍の場が広がるということです。様々な国の人とコミュニケーションが取れるので、友人や仕事の幅も広がります。また、多言語を話すので、脳が活発に働くので柔軟な発想ができる方が多いようです。問題解決能力も高く、記憶力も良くなることが分かっています。バイリンガルは脳に良い影響を与えますので、グローバルな子に育てたいとお考えの方は、今からインターナショナルスクールなど通学を検討されてみてはいかがでしょうか。

生徒

インターナショナルスクールって?

インターナショナルスクールって、名前は聞いたことあっても、どんな授業を取り入れているか詳しく知らないという方も多いかもしれません。インターナショナルスクールでは、英語教育をベースに子どもたちの感性や創造性を豊かにするカリキュラムを組んでいます。1人1人の個性を大切にして、多方面から学習に対するアプローチを行い、子どもたちの学習意欲を高めていく教育を取り入れているので、子どもたちが伸び伸びと学ぶこともできます。

授業

インターナショナルスクールの選び方

インターナショナルスクールの選ぶときは、あなたの教育方針に沿っているかをチェックしていきましょう。学校見学などで、どういった教育指針で子どもたちに教えているか、授業内容を見ておくと良いでしょう。また、授業内容を見て色々な取り組みや学習が工夫されているかもチェックしてみてください。しかし、ここで注意点として、最終的に通うのは子どもですからそのインターナショナルスクールの子どもたちが生き生きと、楽しそうに授業を受けているかも見ておくと良いですよ。

広告募集中